スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレオレ詐欺とは。 

オレオレ詐欺って良く聞きますよね。簡単に説明すると「おれだよ、おれ」と、いう電話が家にかかってきます。電話に出た人が「××?」と名前を言ってしまいます。その名前を聞いて電話をかけてきた人が「うん。××だよ。実は今事故にあってしまって今すぐお金が必用になってしまった。だから、今すぐお金を振り込んで欲しい。」と言います。そして動揺した電話に出た人が指定された口座にお金を振り込んでしまう。と言うような手口の詐欺のことです。今では振り込め詐欺と名前を変えて呼ばれているようです。

現在、オレオレ詐欺や振り込め詐欺などの被害件数はさほど減少しておらず、深刻な状況が続いています。

以下に振り込め詐欺に関する犯行の手口をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

例えば友人の借金保証人になった場合、「オレだけど、すぐにお金を貸して欲しい。友達の借金保証人になってしまったのだけど、行方が分からなくなって代わりに払わなくちゃならない。何とかなると思ったけどできなくて…。期限が今日。」と相手に口を挟む隙を与えないでお金が必用だと捲し立てる手口。

また、警察を装っての手口で、「こちら××警察署です。そちらのお子さんが痴漢をしました。相手側は示談にしてもいいと言ってくれています。今すぐこの口座に示談金を振り込んでください。応じないと学校に連絡が行くそうです。」ともっともらしい口調で淡々と言う手口。など、手を変えたり品を変えたりしてきます。

共通していることは今すぐにお金を振り込まなければならないことです。こういった手口のものが来たら冷静な判断が必用になります。

スポンサーサイト

オレオレ詐欺の騙し方 

オレオレ詐欺をする側は、騙される相手を信じ込ませるためにあらゆる手段を使ってきます。ここではそんな詐欺側のテクニックをご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

まずは警戒心を拭いさせる方法です。まずは騙される側が電話にでたら「オレだけど、携帯電話の番号が変わったから連絡しておくね。」と連絡先を最初に通知しておくようにすることで警戒心がちょっと外れるという真相心理をついています。

次に話している声が違うのは当然なので最初に「今風邪引いていて声変わっているから聞き取りづらいけど」なんて前振りをして警戒心を抱かせないようにする。

また、身内を装うだけでなく、警察の人や被害者がいる設定ならば被害者の人を用意しておいてストーリー仕立てに話を進めていく方法。これにより、より相手に不安感を募らせることができ、真実味も増すためにお金を振り込むようなシチュエーションに持っていかれるようになります。

次に銀行の振込時間ギリギリに電話をかけてきて「今日中じゃなきゃ間に合わない。もう時間がない。」と余裕がないように仕向けます。これにより冷静に考える隙を与えないようにするのです。

電話がかかってくる時間帯はだいたい午前10時頃から午後14時位までの間が多く、人が家にいない時間帯で、銀行の振込ができる時間帯を狙っています。

また、一度お金を振り込んだらまた連絡をしてくる悪質なものもありますので被害にあわないように、手口を熟知しておく必要があります。

オレオレ詐欺を撃退しよう 

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)は身内の不安感をあおってお金を騙しとる悪質な詐欺行為です。

お金が絡むことで身内から連絡があった場合には、まず冷静になってから判断をすることが大切です。その上でほんの少しでもおかしいと感じたら最寄りの警察署に連絡をして相談をしてみるようにすることが大切です。

ここで大切なのが、何事においても頼まれて振込をする場合には、慌てないこと、冷静でいること、確認を厳重にすることです。

オレオレ詐欺の被害にあった人の話を聞いてみると「話しには聞いていたけど実際に自分の身におこるとは思わなかった」という意見が多かったようです。まさか自分に限って!と思わないようにして、万が一のための撃退法を家族内で話し合っておくことが大切です。

【留守番電話を使って撃退】
留守番電話を使ってオレオレ詐欺を撃退する方法があります。
まずは電話を常に留守番電話に設定しておくようにします。
電話がかかってきたらまず留守電に接続されるようにして、相手が確認できたら出るようにしましょう。
例えば身内の場合には、留守番電話になったら、何か分かるようにサインを入れるようにするなど、こういった事で判別しやすいと思います。

【ナンバーディスプレイで撃退】
電話をナンバーディスプレイ契約して(有料サービス)ナンバーを通知するようにし知らない番号からの電話には出ないような対応をする。これだけで知らない人からの電話には出ないようになるので、ある程度の撃退にはなるのではないかと思います。



オレオレ詐欺に遇わないようにするために 

オレオレ詐欺や振り込め詐欺などの被害に遇わないように常日頃の防犯対策が必要になります。
最初にすることはご家族の連絡先を把握することです。
なぜなら怪しい電話を受けた際には必ず自分から折り返して事実を把握しておく必要があるからです。
ですから家族全員の家の電話番号や携帯番号、勤務先などを把握しておくようにしましょう。
次にこういった怪しい電話を受けて、本人に確認しようと連絡した場合で、本人が出ないで連絡や確認が取れない場合には、慌てずにまず警察に連絡するようにしましょう。
また、家族でも地方からでてきて独り暮らしをしている方がいるなど、離れて暮らしている場合がありますよね。
そういう場合でもこの機会に連絡を取り、電話をかけてくるときの合図か何かを決めておくようにすることもおすすめです。
例えば簡単に分かるようなものがいいですね。
こういったことを事前に決めておいて電話がかかってきた場合に「今それどころじゃないよ」とか言われて合図を言うつもりが無いのであれば、毅然とした態度で電話を切りましょう。
本当に身内であればそんなことはないはずですから大丈夫です。
また、事前に決める合図や合言葉みたいなことを決める際に「うちの名字は?」などと言った何かの名簿やリストを見れば分かるようなことはしないようにしましょう。
調べてもわからないような事がいいですね。
例えば、「去年行った旅行先は?」とかいいかもしれません。

オレオレ詐欺高齢者がターゲット 

近年よく耳にする詐欺事件で、オレオレ詐欺と言うものがあります。
ターゲットとされているのは高齢者が多いようです。
ではそのオレオレ詐欺と言うのはいったいどういった詐欺のことでしょうか? 肉親や身内と偽って電話をかけてきて、ありそうな話で急にお金が必要になったと言い、お金を振り込ませて騙しとる詐欺です。
こういった犯罪が今では多発していて減少していないと言うのが現状です。
もしあなたのところに突然身内から連絡が来てお金の要求をされた場合には冷静になって対処するようにしてください。
対処方法の例としては次のようなことがあります。
お金を振り込んでくれと要求してきたのが本当に本人かどうか、本人に直接連絡して確認をしてから振り込むようにしましょう。
お金を振り込んでくれと言った人が警察官や弁護士など本人以外の場合にはまず本人に確認をして、確認が取れない場合には周りの親戚などに確認を取るようにしてください。
最後にあなたの親戚に高齢者の方がいる場合には、こういった犯罪が蔓延していること、もし似たような電話があった場合には取り敢えずあなたに連絡してもらうようにするよう言ってあげるようにしてください。
決して一人で判断しないようにしつこく言うことが大切です。
こういった対処方法をすることによって最小限の防御が出来ると思いますので、自分だけは絶対に被害に遭わない。
絶対に大丈夫と思わずにぜひ実行するようにしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。