スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のオレオレ詐欺 

最近はオレオレ詐欺のことを振り込め詐欺と呼び、お金をいろいろな手段を使って振り込ませると言うような詐欺が多発しています。
手法がいろいろと変わるために対応しきれず、結局騙されてしまうという結果になってしまっています。
でもただ騙されてばかりはいられないと思うので、最近の振り込め詐欺やオレオレ詐欺などの手口や騙すテクニックなどをご紹介してみたいと思います。
まずオレオレ詐欺からの電話がきた場合に、折り返しそれが本当かどうか確認の電話をしますよね。
その警戒心を少し解除するために犯人側が使っているテクニックがこれです。
まず犯人側は身内を装って電話をかけてきますがその時に最初から「電話番号が変わったから控えておいて」と言って相手に嘘の番号を教え、警戒心を解くというテクニックです。
次は電話の声ですが、声ばかりは相手の真似をできないですよね。
ですから、電話をかけてきてすぐに「今風邪を引いている。
だから声が変なのだけど気にしないで」と言っておくだけで相手が疑問を感じることが少なくなります。
と言ったテクニックがあります。
相手が複数の人数で電話をかけてきて、芝居仕立てに役割を決めて話を展開させていくと言ったテクニックもあります。
最後に疑問を抱かせないでお金を振り込ませるには余裕を与えないことが必要です。
ですから振込みをできるギリギリの時間に電話をかけて相手に考えさせる隙を与えないようにするというテクニックがあるのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。