スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め詐欺やオレオレ詐欺には確認が必要 

振り込め詐欺の中には電話をかけてお金を振り込ませる「オレオレ詐欺」以外に、見に覚えの無い請求書が送られてくる「架空請求詐欺」などがあります。
こういった詐欺をする人たちはどうやって電話をかける相手や請求書を送る相手を決めていると思いますか? これは個人情報が漏洩している以外に考えられないのですが、借金がある人の情報、病院や学校などの名簿などをみてターゲットを絞っているようなのです。
その上で名前や職業、家族構成、金銭的余裕の有無などを調べて電話してくるようです。
かなり悪質ですよね。
ある捕まった犯人が言っていた内容のようなのですが、身内が困った事態に陥っているから何とかして欲しいと言うと取り乱してしまい、後はこちら側の言うことを素直に聞くようになるそうです。
ちょっとくらいつじつまが合わなくても気がつかないそうです。
また都内である高校生グループがオレオレ詐欺を働いて捕まったらしいですが、騙し取ったお金でぜいたく三昧していたそうです。
罪の意識がまるでないのですね。
また、複数で電話をかけてくるパターンもあるみたいで例えば妊婦を事故に遇わせてしまってお腹の赤ちゃんが流産してしまったという設定で妊婦役、旦那役、妊婦の旦那役、医師役、弁護士役などきちんとしたストーリー設定で騙して来る場合もあるようです。
こういったときはパニックに陥りやすいですが一度深呼吸をしてすぐに振り込みに行くのではなく事実確認をするために電話をしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。