スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め詐欺のタイプ 

一度はテレビや雑誌で見たり聞いたりしたことがあるかと思いますが、最近、振り込め詐欺やオレオレ詐欺など詐欺被害が多発しています。
そんな振り込め詐欺にはタイプがいくつかあるようですので下記にご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。

【オレオレ詐欺】
一番有名な詐欺で、身内などを装って電話をかけてきて振込みをさせるタイプの詐欺です。

【架空請求詐欺】
ハガキや封書、メールなどで身に覚えがない請求が来て振込みをさせるタイプの詐欺です。

【融資保証金詐欺】
ハガキや印刷物を使用して、融資金を募るタイプの詐欺です。
以上のようなタイプの詐欺が振り込め詐欺として存在するのですが、その被害のほとんどは思い込みや勘違い、早急な判断によるものだと思います。
また核家族が多いことからすぐ近くに相談をする相手がいないことも手伝って意表をついて騙されてしまうパターンが多いようです。
ですから、こういった状況を踏まえての回避法を考えることが必要となるのです。
例えば「電話番号が変わったから教えておく」「警察や弁護士、電話会社の人を装ってくる」などの連絡があり、お金を振り込むよう要求された場合には必ず、他のルートで確認をした上で行動をするようにしてください。
次に騙す詐欺師の方にはこちらの家族構成などが分かっているというように思いましょう。
名前や生年月日などは既に知られていると判断して、家族だけの合言葉や合図を決めておくようにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。