スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレオレ詐欺の手口例 

「オレオレ詐欺」と言う身内を装って相手を騙してお金を騙し取るという詐欺があります。
以下にどういった手口で詐欺が行われるのか例をいくつか挙げてみたいと思います。

【例1】
まずは高齢者を狙って、孫や息子を装って電話をかけてきて、現金を振り込むように頼んできます。
例えば「交通事故を起こしてしまったから示談金を払って欲しい」とか言ってきます。

【例2】
女性をターゲットにした詐欺で知人を装って電話をかけてきます。
例えば「オレだけど、おれが知っている医者と会ってご飯を食べてくれないか?愛人契約してくれたら月にいくらか小遣いを口座に振り込むから。
」とか言い、何とかうまいことを言ってキャッシュカードを騙しとる詐欺です。

【例3】
ある男性に対して電話をかけてきて娘を装います。
そして「お父さん、急に学校の教材費が必要になったの。
振り込んで。
」とか言って騙します。
以上のようにあらゆる手口を使用してお金を騙しとろうとします。
下記に「お金を騙しとられないため」の方法をご紹介してみたいと思います。
まずは相手が自分から名乗らない限り自分からは絶対に身内の名前は言ってはいけません。
次に「お金を振り込んで」と言われて言われるがままにすぐに振り込まないようにしましょう。
あわてることが一番だめなのです。
最後に相手が身内だと名乗って電話をかけてきたら、必ず折り返し電話をかけてその身内の方に確認をするようにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。