スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

振り込め詐欺やオレオレ詐欺は要注意 

最近、オレオレ詐欺では高校の卒業生の親をターゲットにしているケースが増えているようです。
なぜそういったケースが出てくるのかと言うと、卒業生の個人情報を何らかの形で入手した犯人たちがその親の息子や娘を装って無差別に電話をかけて、現金を騙しとるという手口を使う悪質な詐欺です。
可愛い息子や娘ですからついつい助けてあげたくなってしまいますよね。
そういった心理をついた詐欺なのです。
でも自分だけは大丈夫と思わないでください。
いつどんな形で被害に遇うか分かりません。
もしもこのような電話がかかってきたら次のような対策をとってみてはいかがでしょうか。
まずは詐欺をする側の特徴としては、個人情報を入手しているために名前がすでに分かっています。
ですから本当の名前を使用して電話をかけてきますので騙されやすいのが特徴です。
手口としては2段階くらいに段階を踏むパターンが多く、最初に電話をかけてきて「携帯電話の番号が変わったから控えておいて」といい、警戒心をまずは取ります。
翌日以降に再度電話をかけて「事故を起こしてしまった」「友人の借金保証人になってしまった」など急にお金が必要になったことを言い、お金を口座に振り込ませるようにします。
こういった場合、相手を全面的に信頼しているために確認をしないで振り込んでしまいます。
まず事実確認を取ることを心がけたほうがいいです。
また一人で不安なら誰かに相談をしてもいいと思います。

オレオレ詐欺の手口と対策 

オレオレ詐欺の手口についてご紹介してみたいと思いますのでぜひ参考にしてみてください。
手口はだいたい平日の昼間、誰も家にいない時間帯を狙ってかけてきます。
「おれだよ、おれ」と言い、電話に出た相手が「あぁ、××?」と身近な人の名前を呼んだ時点で相手は「そう××だよ」とその名前の人になりすまします。
そして架空の話をでっちあげ、指定した口座にお金を振り込ませると言った内容です。
架空の話とは、例えば交通事故に仕立てたり、借金して取り立てに追われていたり、会社のお金を使い込んで困っていたり、あまり通常あり得ない話を持ちかけてきます。
また、最初に「携帯買い換えたから」と嘘の番号を教え、折り返し確認電話をかける際の防御を張ったりする場合もあるようです。
そんな姑息な手段にでるオレオレ詐欺ですが、私たちで防御を張ることも可能なのでぜひ下記に挙げることを試してみてください。
電話がかかってきたら絶対にこちらから名乗らないで相手に名乗らせるようにする。
名乗らない場合は切りましょう。
また名乗った場合は、親戚の人の名前をランダムに言わせるなどして身内であることの確認を取るようにしましょう。
お金が絡む連絡があった場合には、すぐに折り返し連絡を取って確認をするようにしましょう。
また、最近は手口も巧妙であらかじめ携帯電話番号が変わったなどと言って別の番号を教えてくるので、最初に古い番号で確認してから新しい番号にかけるようにしましょう。
まだまだ対策はありますが冷静な対応を心がけるようにしましょう。

オレオレ詐欺の手口例 

「オレオレ詐欺」と言う身内を装って相手を騙してお金を騙し取るという詐欺があります。
以下にどういった手口で詐欺が行われるのか例をいくつか挙げてみたいと思います。

【例1】
まずは高齢者を狙って、孫や息子を装って電話をかけてきて、現金を振り込むように頼んできます。
例えば「交通事故を起こしてしまったから示談金を払って欲しい」とか言ってきます。

【例2】
女性をターゲットにした詐欺で知人を装って電話をかけてきます。
例えば「オレだけど、おれが知っている医者と会ってご飯を食べてくれないか?愛人契約してくれたら月にいくらか小遣いを口座に振り込むから。
」とか言い、何とかうまいことを言ってキャッシュカードを騙しとる詐欺です。

【例3】
ある男性に対して電話をかけてきて娘を装います。
そして「お父さん、急に学校の教材費が必要になったの。
振り込んで。
」とか言って騙します。
以上のようにあらゆる手口を使用してお金を騙しとろうとします。
下記に「お金を騙しとられないため」の方法をご紹介してみたいと思います。
まずは相手が自分から名乗らない限り自分からは絶対に身内の名前は言ってはいけません。
次に「お金を振り込んで」と言われて言われるがままにすぐに振り込まないようにしましょう。
あわてることが一番だめなのです。
最後に相手が身内だと名乗って電話をかけてきたら、必ず折り返し電話をかけてその身内の方に確認をするようにしましょう。

オレオレ詐欺の手法 

現状、オレオレ詐欺による被害は高齢者の方に多く、特に女性が狙われるパターンが多いようです。
またその被害額は平均30~50万円と言うような感じになっています。
こういった被害に遇わないためにもオレオレ詐欺の手法や手口などを知っておく必要があると思いますので下記に挙げてみます。
まず一番オーソドックスなのが「交通事故」をテーマにした詐欺で、急に電話をかけてきて捲し立てるように、今交通事故を起こしたこと。
自分に非があること。
警察沙汰にならないように示談という話しになっていること。
示談金が今すぐ要るから振り込んで欲しいことなど言ってきます。
次によくでるのが「借金」をテーマにしたもので、友人の借金の保証人になったこと。
その友達がいなくなり自分が借金取りに追われていること。
返済期限が今日でどうしても自分で都合をつけることが出来ないから今すぐ振り込んで欲しいことなど言ってきます。
似たようなパターンで、自分が借金をして借金取りに追われているから振り込んで欲しいと言ってくる場合もあるし、借金取りを装って脅してくる場合もあると思います。
ちょっと非現実的ですが、自分が仕事のトラブルで監禁されていて解放してくれるのにはお金が必要だから今すぐ振り込んで欲しいと言ってくる場合もあります。
ありそうな話で、妊娠をしてしまって親には話したくない。
けどお金が無い。
おばあちゃんしか頼る人がいないなどと言って振込を頼む場合もあります。

オレオレ詐欺の事情 

もし、孫から突然電話がかかってきて「おばあちゃんしか頼れないの。
お願い。
助けて。
」と言われたら、何とかしてあげなきゃという気になってしまうのが普通ですよね。
オレオレ詐欺はそういった心情を利用した悪質な詐欺と言っていいでしょう。
オレオレ詐欺が狙うターゲットは比較的高齢者の女性が多く、電話も朝の10時位から午後2時頃までにかけてくるパターンが多いようです。
これには犯人の事情が絡んでいるようです。
そんな犯人の事情とはどういったものかと言うと、夜や朝早くかけるとなりすます本人が家にいる場合があるために騙すことができないという事情。
なりすます本人がその家の主人や子供の場合、本人が仕事中、または学校中なので連絡がつきにくいという事情。
銀行の振込みが15時までのため、15時を過ぎると翌日の振込みになってしまいます。
だから14時以降に電話をかけても当日にお金を受けとることができないという事情などが挙げられるようです。
でもいざとなったらどうなるか分かりませんよね。
ですから簡単にできる対策法などを挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。
まず電話がかかってきて「おれだよ、おれ」なんて言ってきたらわざと知らない人の名前を呼んでみましょう。
それで「違うよ。
××だよ」と言ってきたら本人だし、「そうだよ。
○○だよ」と間違った名前で返してきたら確実に詐欺なので電話をすぐ切るようにしましょう。
また、自己判断をしないで誰かに相談してから振り込むなど対処するのがいいと思います。
一人では冷静な判断が付けられませんからね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。